Apple Watch 2015年6月5日

Appleが予想以上という「Apple Watch」、販売国数拡大で新たに韓国や台湾など7カ国でも販売スタート

top

Appleが、2015年6月の時点でアメリカ・日本・オーストラリア・カナダ・中国・フランス・ドイツ・香港・イギリスの合計9カ国のみだったApple Watchの販売国を、新たに16カ国にまで拡大することがわかりました。

Apple – Press Info – Apple Watch Arrives in Seven More Countries June 26
http://www.apple.com/pr/library/2015/06/04Apple-Watch-Arrives-in-Seven-More-Countries-June-26.html


Appleは、2015年6月26日からイタリア、メキシコ、シンガポール、韓国、スペイン、スイス、台湾の7カ国でApple Watchの販売を開始することを正式に発表しました。新しく販売が決まった7カ国ではApple StoreやApple Watchの取扱販売店のほかに、Apple Online StoreからもApple Watchを購入できるようになるとのことです。

By matt buchanan

業務部門の上級副社長ジェフ・ウィリアムズ氏は、販売国を拡大することに関して「Apple Watchに対するユーザーの反応は、我々の予想を上回るものでした。販売国を拡大し、今までより多くのユーザーにApple Watchを提供できることは大変うれしいことです」と話しています。

また、ウィリアムズ氏はAppleの在庫状況に関しても「Apple Watchの在庫状況は日々改善されており、5月に注文があったスペースブラックステンレススチールケースとスペースブラックリンクブレスレット以外のApple Watchは2週間以内に発送を開始する予定です」とコメント。

2015年4月24日にApple Watchの販売が開始したときには、出荷に遅れが発生し、その原因が同デバイスに搭載されている中国製の「Taptic Engine」に不具合によるものだったという指摘もありました。

なお、Appleは毎年恒例の開発者会議「WWDC(Worldwide Developers Conference)」を2015年6月8日から12日まで開催する予定で、Apple Watchの開発者ツールキットや、月額制の音楽ストリーミングサービスといった新発表が期待されています。

By Mike Deerkoski



Comments are closed.