iPhone · iPhone6s 2015年5月14日

【iPhone6s】なんですけど、大幅に性能向上らしいですよ

best-smartphones-Apple-iPhone-6

米Appleが2015年秋に発売すると見られる「iPhone」の次期モデルには、「Force Touch」などの新しい技術を採用するほか、メモリーやプロセッサ、カメラなどの性能も大幅に向上する可能性があると、複数の海外メディア(CNETPCMagTechCrunchなど)が現地時間2015年5月12日、AppleInsiderG for Gamesの記事を引用して伝えた。

それによると、AppleInsiderやG for Gamesは、Apple製品の市場動向に詳しい台湾KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が顧客向けに出した調査ノートを入手した。同氏はその中で、「iPhone 6s」「同6s Plus」といった名称になると噂されている次期iPhoneについて、最大の目玉機能は「Force Touch(感圧タッチ)」だと報告している。

Force Touchは、現行の12インチ「MacBook」と「MacBook Pro Retinaディスプレイ」13インチモデルのトラックパッド、そして「Apple Watch」のディスプレイに採用されている技術で、指先で軽く触れるタップと強く押すプレスの違いを感知する。これにより端末の操作方法が増え、iPhoneのユーザーエクスペリエンスがより豊かになると同氏は報告している。

このほかKuo氏は、プロセッサが現行の「A8」から「A9」に変わり、メモリーは1Gバイトから2Gバイトに、背面カメラは800万画素から1600万画素に向上すると報告している。また指紋認証機能の「Touch ID」の精度向上、本体素材の強度向上なども図られ、Apple Watchのような「ローズゴールド」カラーも用意される可能性があるとしている。

かねてiPhone 6シリーズに採用されると噂され、実現しなかったサファイアディスプレイについては、 5.5インチモデルの6s Plusに採用することをAppleは計画しているという。だがKuo氏は情報筋の話として、サファイアディスプレイは6s Plusに別途用意される限定的なモデルで提供される可能性があると報告している。



Comments are closed.