iPhone 2015年4月29日

アップル・ウォッチはタトゥーがあると使えない?

arm_tattoo_defeats_apple_watch

発売して間もないアップル・ウォッチですが、すでに大きなバグが発覚しているようです。

どうやら、アップル・ウォッチはタトゥーのある腕の上では、正しく動作がしないことがわかってきました。

アップル・ウォッチの目玉ともいえるのが、脈拍などを図る健康機能ですが、タトゥーの腕の上では正しく脈拍を図ることができないようです。

ある、タトゥーのある利用者は時計を腕に着けると「パスワードをずっと聞き続けてくる」ということ。

あるユーザーguinne55fanは「しっかりと腕に着けられているのに反応しないのはおかしいと思い、他の腕で試したら問題がなかった。再度、黒いインクの部分に置くと、時計がロックされてしまった」とのこと。

アップルの説明によると、アップル・ウォッチはLEDの光によって血流を血管の中に感知するのですが、タトゥーがあると様々な要因により正しく脈が読めなくなるのが原因だそう。

しかしguinne55fanが本当にアップル・ウォッチについて不便だと感じているのはメッセージ受信のお知らせはあるのにe-mailのお知らせはなく、また電話が鳴ってもこちらからは電話をかけられない点だそうです。

【Sourcet:heregister.co.uk】

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.