iPhone 2015年4月22日

【MacBook】早くも発見された不具合に速やかな修正

configuration2

とても地味なリリースを飾った MacBook Retina ですが、早くも、非常に気詰まりな不具合が発見されました。ユーザーアカウントの第一コンフィギュレーション時に、ある特定のプロセッサがブロックされてしまう、ということが報告されています。そこから Mac お馴染みの、丸いレインボーカーソルが現れ回り続け、以後パラメーターの設定が進められないということです。

 

MacBook Retina の価格は1400ユーロ〜、ですので、このような不具合は非常に体裁悪く、受け入れ難いものがあります。

 

configuration

 

幸いにして、アップルは既に、一時的パッチを当てることにより、当不具合へ対応をしました。詳細はアップルのサポートページに説明されています。アップルは、『インターネットへの接続を一時切断させることにより、レインボーカーソルをとめることができる』ということです。一度インターネットへの接続を切り、ユーザーアカウントのパラメーター設定を終了させ、そこで再度、インターネットへ接続させることを推奨しています。

 

上記手法で不具合を回避できても、これはあくまでも暫定的ソリューションです。アップル側には、次期アップデートにて、決定的対処を期待します。

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 



Comments are closed.