iPhone 2015年4月13日

OS X 10.10.3 は 4K 60 Hz のサポートを改善

4K

OS X 10.10.3 のリリース以前は、4K に関して何も言及していなかったアップルですが、OS X 10.10.3 では、4K 60 Hz をサポート、と公式サポートページにて発表しています。

 

さて詳細ですが、アップルは、OS X 10.10.3 では、ほぼ全ての Single-Stream Transport 4K 60 Hz 画面をサポート、と発表しています。関連 Mac は以下の通り:

・  MacBook Pro (Retina 13インチ、出荷2015年初旬以降)

・  MacBook Pro (Retina 15インチ、出荷2014年中旬以降)

・  MacBook Pro (出荷2013年下旬以降)

・  iMac (27インチ 出荷2013年下旬以降)

・  Mac mini(出荷2014年下旬以降)

・  MacBook Air (出荷2015年初旬以降)

・  MacBook (Retina 12インチ、出荷2015年初旬以降)

 

4K2

 

今日において、大多数のユーザーは、Full HD 画面を所有しているますが、4K は徐々に、しかし確実に広まってきています。特にテレビ画面において、その広がり速度は顕著です。

 

MacBook Retina では、HDMI ケーブルにて、3840×2160 での 30 Hz 出力と、4096×2160 での 24 Hz 出力が可能だということです。ここで蛇足かもしれませんか、新 MacBook は、USB-C ポート1つのみが登載されています。つまり、HDMI ケーブルを利用するためには、USB-C 対応 AV マルチポートアダプター、もしくはそれ相当のツールが必要です。このケーブルはアップルにて、89ユーロで販売されています。

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.