iPhone 2015年3月27日

【Apple Watch】パーソナライゼーションの幅狭し?

personnalisation

アップルはこれまで、Apple Watch の魅力の一つとして、無数に及ぶパーソナライゼーションパターンがあることを、唱ってきました。しかし、実際に出荷が近づいてきている今、その自由度が意外と低いことが見えてきました。

 

iMore によりますと、各時計本体に合わせられる、正確に言うと、“併せて購入することができる”、ブレスレットの数は、かなり限られているということが、判明されました。合わせて購入できる時計本体とブレスレットの組み合わせは、アップルのホームページに掲示されているパターンのみである、ということです。例えば、 Apple Watch Sport ステンレスモデルとグリーンカラーブレスレットは、同時に購入できません。唯一の解決法は、“第二のブレスレット”として、追加でグリーンカラーブレスレットを購入することです。

 

personnalisation2

 

この制限は、多くの購入希望者に、大なり小なりの影響を及ぼすことになるでしょう。特に Watch モデルのブラックカラーの購入を考えている場合、これに合わせて購入できるブレスレットは、リンクブレスレットのみで、トータル価格は最低1199ドル(38mmモデル)になります。これに、自分好みのブレスレットを、追加で購入しなければなりません。

 

アップルのこの商的措置は、リリース時の一時的なものであるといいのですが。

 

 

 

参照ソース:Mac4ever

 

 

 



Comments are closed.