iPhone 2015年3月17日

iPhoneとApple Watchをペアリングする方法

apple_watch_pairing_auto

長らく待ち続けたApple Watchの発売まで遂にあと1か月を切りました。もうすぐ手に装着する事が出来ると思うとワクワクするという人も多いのではないでしょうか。

このApple Watchですが、単独では使えず、iPhoneと一緒に使う必要があります。ということで、最初にこのウォッチを手にしたらまずしなければならないことがiPhoneとのペアリングです。

この大切な日にすぐにApple Watchをスムーズに使えるようにするために、予めペアリングの方法の知識を得ておきましょう。

難しいことではありませんが、今までのApple製品にはないような技術が必要となります。

Apple WatchはiPhone 5, 5s, 5c, 6, or 6 Plusとペアリングが可能で、iOS8.2がインストールされている必要があります。こうしたペアリングをする方法はいくらでも存在しますが、Appleが選んだのはカメラを使う方法でした。

Apple Watchアプリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

applian.jp

その方法は以下のとおり。

①まずはiPhone上でApple Wath Appを起動

②スクリーン上で「ペアリングを開始」を押す

③「アップルウォッチをカメラに向けてファインダーに合わせて下さい」といったメッセージが出るので、液晶部分がファインダーに写るようにします。

④アップルウォッチ上にあるiアイコンをタップするとアップルウォッチの名前が表れます。その名前と同じものがiPhoneに出ていたらそれをタップしてペアリングさせます。

Apple Watchペアリングイメージ

applian.jp

もし上記でうまくできない場合は、マニュアルでペアリングさせる方法もあるようです。

(発信元 MacRumors)

 

 



Comments are closed.