iPhone 2015年3月15日

【iOS8.3ベータ版】更新するべきでない5つの理由

watch

iOS8.3のベータ版が12日にリリースされました。このベータ版はパブリック・ベータ版で登録さえすれば誰でもアップデートすることが可能です。

ベータ版の一般公開はAppleにとっての初の試みであり、多くの新しもの好きのユーザーたちは興味を示している事でしょう。

これは新しいiMessageのフィルタや新しい絵文字など色々な特徴を備えたiOS8.3をアップロードしたいというユーザーにとっては良いオプションだと言えます。

ただ、これが全員が全員にとって良いものになるかどうかは疑問が残ります。アップデートをする前に少し良く考えてみたほうが良いかもしれません。

iOS8.3にアップデートするべきでない人は以下のような人です。

・iPhoneを1つしか持っていない

Appleがこのベータ版のアップデートに関して、おすすめしているのは2つ目のiPhoneになります。もしiPhoneを1つしか持っていない場合は更新がおすすめではありません。このiOS8.3は完全版ではないので、色々な不具合が生じる可能性が高く、ダメージが大きくなります。

・iPhoneを仕事にも使用している

iPhoneを仕事にも使用している場合も同様にお勧めではありません。大切なデータや連絡先などを失う可能性を否定できないからです。

・iPhoneに安定性を求めている

新しいiOSがリリースされるたびにバグが見つかり、不安定になりその後改善されます。ましてやこのテスト版ではさらに不安定であることが予想され、使いずらくなる可能性が高いと言えます。

・バッテリーの寿命が大切

iOS8.3をアップデートすることによりデバイスに負担がかかり、バッテリーの消費が速くなる可能性が高いようです。2つ目のiPhoneでの使用であればバッテリーの消費などあまり気にしないでしょうが、1つしか電話を持たない場合、バッテリー寿命はとても大切です。 ・特に協力することに興味がない このiOS8.3はテスト版であり、使用してみて感じる不具合などを報告することを目的としてリリースされています。これが成功すればiOS9でもベータ版を一般に公開しようと考えているようです。もし使用してそのフィードバックを報告しないのであれば、このプログラムに参加する意味がなく、多くの人が同じことをすればiOS9でベータ版がリリースされないことになってしまいます。   【発信元gottabemobile



Comments are closed.