iPhone 2015年3月13日

リリースされたiOS8.2 インストールするべき?

IOS-8-2-gg

3月9日のAppleが満を持して行ったイベント「Spring Forward」の後、iOS8.2のアップデートがリリースされ、インストールが可能になっています。

このiOS8.2にはどのような特徴があるのでしょうか。そしてダウンロードするべきなのでしょうか。

iOS8.2は去年末にiPadAir2やiPadMini3と同時にリリースされたiOS8.1の安定化を図るのが主な目的のようです。一見、新しいソフトウエアの外観は以前と何ら変わりがないように見えますが、よく見ると新しいアイコンが増えています。

それこそが「Apple Watch」アプリです。このアプリは、もちろん4月24日に「Appple Watch」がリリースされるまでは意味をなさないものですが、消すことができません。このアプリで何が出来るようになるのかと言えばApple WatchとiPhoneがどのように連動されているかを確認するためのもののようです。

そしてもう1つ注目すべきが「Health App」です。iOS8.1で新しくリリースされ自分の健康を管理するためのアプリですが、緊急の為の保険証などの情報が取りこめるようになるなどかなり改良を施されています。このアプリの長所は、他のサードパーティの健康管理のアプリと連動し情報を取りこめるところです。

その他にMailやMusic、Mapsといったアプリでのバグの修正も行われています。

問題点としては、バッテリーの消費が速くなったという声が上がっているようですが、どうやらFitness Trackingの稼働が影響しているようです。これは、設定→プライバシー→モーションアクティビティの項目でFitness Trackingをオフにすれば改善につながり、今のところ大きな問題はみられていないようです。

【発信元.trustedreviews】

 



Comments are closed.