iPhone 2015年3月11日

CIA アップルのセキュリティ打破を企てていた!

cia2

CIA(アメリカ中央情報局 Central Intelligence Agency)は NSA (アメリカ国家安全保障局 National Security Agency)に倣い、個人情報のスパイ行為を何年も前から企てていた、と報道が入りました。情報元は、かの有名な CIA 不正告発者 Edward Snowden 氏が提出したドキュメントを入手したメディア The Intercep です。

 

cia

 

The Intercep が入手したドキュメントによると、何年も前から CIA は、アップルのセキュリティコードを打破することを企ててきている、といいます。関連商品は主に、iPhone と iPad ですが、 Mac も対象から外れていません。

 

CIA は iOS 内のコードの“鍵”となる部分を取得し、iOS システム自体を変更させることができる、と言います。これにより、iOS 内に入り込み、あらゆるデータを捜索することができる、ということですが、このようなオペレーションは事実上不可能ですし、第一違法行為に当たります。

 

この他にも CIA は、Xcode(Mac ツールの一つで、iOS/OS X 上アプリの デベロッパーに配られるコード)の修正版を独自で作成し、対象ユーザーのデバイス内のメッセージ等を、くまなく捜索していたと言われています。

 

cia3

 

 

アップルは常に、ユーザーのプライバシーの保護を主張してきました。最近では Tim Cook 氏が、個人のプライバシーは侵害されてはならない、と明言しています。「なぜならプライバシーを犠牲にする行為には、必ず重大な結果が待ち受けていることを、歴史が証明している。」と。

 

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.