iPhone 2015年3月7日

【iPhone 5】不具合対応プログラムを延長

iPhone5

アップルは、一部の iPhone 5 に存在するバッテリー周りの不具合への対応プログラムの延長を決定しました。この不具合対応プログラムは2014年8月に開始されています。『ごく一部の iPhone 5 は、バッテリー駆動時間が極端に短い、という不具合を抱えており、より頻繁な充電を余儀なくされている。この不具合を持つ可能性のある iPhone 5 は、2012年9月から2013年1月に販売されている。』と告知しています。

 

iphone5-2

 

現在までアップルは、この不具合対応プログラムを受けるに当たり、“購入から2年以内であること、もしくは2015年3月1日までに申請することと”と期限を設けていましたが、これを、2016年1月1日まで申請を受け付けると、期限を延長させました。

 

あなたの iPhone 5 がこれに該当するかは、アップルのこちらのサイトより、シリアルナンバーを入力することで、確認することができます。あなたの iPhone 5 が不具合対応プログラム参加に該当する場合は、アップルが無料でバッテリー交換修理を行います。

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.