iPhone 2015年3月7日

【Apple Watch】アップルが築いたアップルだけの市場

massmarket3

Strategy Analytics(マーケットリサーチ/コンサルティング企業 イギリス)は、 2015年の Apple Watch 世界総販売ボリュームは1540万台を到達する見込み、と発表しました。初めに断わっておきますが、3,000万台の総販売数を予想しているアナリストもいるくらいなので、Strategy Analytics の予想はある意味妥当である、と言えます。そして同社は、Apple Watch の、2015年スマートウォッチ市場シェア率を55%と予想しており、残りの45%は、その他メーカーという形で発表しました。

 

massmarket

 

同社は、スマートウォッチ市場に今までにない急成長が起こると、宣言しています。数字で予想を立てると、460万台に留まった2014年世界総販売台数が、2015年には、2810万台へと跳ね上がる、と見込んでいます。

 

Strategy Analytics のエグゼグティブダイレクター Neil Mawston 氏は、Apple Watch がスマートウォッチ市場急成長の煽動役を担う、と明言しています。『世界に点在するアップルの熱狂的ファン、見事に張り巡らされた流通網、そしてアップル自身が築き上げた心強いエコシステム。これら3要素が、新商品 Apple Watch を成功に導く。』

 

massmarket2

 

同氏は、Apple Watch のその高額な価格を、市場競争力の観点から見て、マイナス要素と捉えていますが、iPhone の価格とその市場獲得大成功を例に取り、『アップルにマスマーケット的考え方は通用しなくなった』と語っています。

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.