iPhone 2015年3月2日

次世代【iPhone6s】知っておくべき5つのこと

iOS-9-beta

3月1日にサムスン電子が、次世代スマートフォンGalaxyS6の発売を発表したためその話題でもちきりですが、その話題はさらに次世代iPhoneについての噂を加速させています。

Appleの次世代スマートフォンは、過去のAppleのiPhone発売サイクルなどから秋ごろであり、そしてiPhone6Sになるであろうと考えられています。

1.iPhone6Sのリリース時期は秋ごろ

Appleは3月9日に全世界にライブ配信をするイベント、そして6月にWWDC(世界開発者会議)の開催を予定していますが、その中には次世代iPhoneの発表は期待できないかもしれません。

3月9日のイベントで発表があるのは、Apple Watchで6月の会議では、iOS8.2についてのリリース、そしてiOS9そして新しいバージョンのOSXについての発表がある可能性が高いと思われます。

Appleは毎年iPhoneの発売時期として秋を好む傾向がありますし、この時期はブラックフライデーのセールなどで多くの消費が見込めるのも利点の1つです。

Don't expect major iPhone 6s design changes.

2.OSは新バージョンのiOS9が搭載

新しいバージョンのOS、iOS9は、iPhoneのためだけに作られたのではないかもしれませんが、通常Appleは次世代のiPhoneに新バージョンのOSを載せて発表するので、iPhone6sにはiOS9が搭載される可能性が高いと思われます。ただし、このiOS9は、iOS8が多くのユーザーに不評だったことを受け、発表前に一部のユーザーでのテストランが期待されています。

 

3.iPhone6SのデザインはiPhone6とあまり変化がなし

Appleが発表した過去の”S”シリーズのiPhoneからみても、iPhone6SはiPhone6とほぼ同じデザインになると思われます。外観はそのまま、バッテリーの寿命やカメラクオリティなどの向上に力を注ぐと思われます。

4.頭脳はサムソン、カメラなど

メモリについてはサムスン社製を採用すると考えられています。RAMは1GBから2GBにアップグレードさせ、より効率的な起動を可能にします。

Taipei Timesによると、iPhone6Sのカメラでは現行と同じ8センサーとなる可能性が高いのですが、一眼レフのクオリティを可能にするデュアルレンズシステムの可能性が噂されています。

5.iPhone6SとiPhone6S Plusの発表が期待される

2013年にはAppleはiPhone5とiPhone5cを発売、2014年にはiPhone6とiPhone6Plusが発売されていますので、今回も2種類のiPhone、.iPhone6SとiPhone6S Plusが発表される可能性が高いと思われます。デザインはほんとど変わらないことから、サイズも4.7インチと5.5インチが予想されますが、ディスプレイのクオリティといった部分でのアップグレードが期待されます。

(発信元gottabemobile)

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.