Apple Watch · News 2015年2月28日

Apple Watchの広がる可能性CyClip

var-cyclip-apple-watch-01

CyClipと呼ばれている製品は、Apple Watch(アップルウォッチ)を自転車のハンドルに付けられる製品です。

自転車に取り付けられるApple Watchの開発において、現在アメリカ・ミシガン州のVar社と呼ばれる会社によって、アップル社が4月にApple Watchを販売開始した直後に、その会社に所属するチームはCyClipの製品を販売開始する予定です。

新しい製品CyClipは、シンプルでエレガントな製品です。

アプリを少しインストールして、腕時計のモジュールをクリックすると簡単に使用できます。腕時計を取り外すのも簡単です。腕時計の一部分を押すだけで取り外しが可能です。外での使用も可能な金属製のパーツを使用しています。そして、自転車と互換性を持つハードウェアを使用してハンドルに固定できるように設計しています。

  

CyClipについて、数点ウェブサイトにまだ表示されていない内容があります。例えば、バッテリーパックについてです。そして、Apple Watchのバンドを使用せずに自転車用のクリップを使用して腕時計を止める内容もあります。

価格設定は、まだ発表されていませんが約6千円以下の値段となる予想とされています。
参考のCyClipウェブサイトはこちらです。4月30日までに、より多くの情報が見られるサイトとなるでしょう。

昨日アップル社は、4月にデバイスの発売より前にApple Watchについて注目を回復させるものと新しい詳細を伝える機会でもある3月9日に予定されているプレス・イベントのスケジュールがあると伝えました。

Apple Watchを自転車へ付けられると、さまざまなアプリを使える可能性が広がりますね。


参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.