iPhone 2015年2月27日

【Apple Watch】Tim Cook 氏自ら“手首に iPhone”体験を証明

TimCookAppleWatch

現在ビジネス旅行中の Tim Cook 氏。同氏は二日前、アンゲラ・メルケル氏(ドイツ共和国首相)との会談のため、ドイツに訪問しました。その際、ベルリン市内の Kurfurstendamm のアップルストアに立ち寄りました。

 

テクノロジー専門メディア iGen によりますと、Tim Cook 氏は、ストアスタッフに、「僕はアップルウォッチを身に着けたまま、シャワーを浴びているよ。」と明言したということです。公式には、『Apple Watch は手洗い等による水しぶきには対応』、となっています。つまり Tim Cook 氏のこの宣言を受けるに当たり、1:氏は非常に注意しながらシャワーを浴びている。2:Apple Watch は当初の仕様よりも、防水能力が強い仕上がりになった。この二つの仮説のうちの一つ、ということになります。

 

TimCookAppleWatch2

 

iGen サイトは、「Tim Cook 氏はさらに、iPhone に届く通知がダイレクトに手首に届く、という価値を褒めそやした」と伝えています。同サイトはTim Cook 氏自らをもって eBay でのオークションフォローアップ作業、スポーツやビジネスシーン、またいくつかの有名ホテルでは、レセプションを通らずして、部屋に直接チェックイン、といった様々な作業を、手首から行える、という例を提示した』と述べています。

 

まさに、手首から革命が始まるかのようです。

 

ちなみに Apple Pay ですが、欧州には2015年内に参入される、とのことです。VISA のインフラは4月に整う、と伝えられています。アップル社は、Apple Pay の欧州参入のタイミングを、iOS 9 リリースに合わせる考えなのかも知れません。

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.