iPhone 2015年2月20日

Apple Watch Edition フレームだけでいくらするの?

gold2

クリエイティブで斬新、カメラ関係アクセサリー製造で有名な Luma Labs 社の共同設立者 Greg Koenig 氏が、Apple Watch Edition コレクションの最上位モデル「18金」バージョンの、製造コストを計算してみました。

 

Greg Koenig 氏はまず、18金があてがわれるフレーム部分の重量を計算することから始めました。ここには 29,16g の18金が使用される、と算出。現在の金相場が、1g 39,08ドルですから、フレーム一つに対して、853,82ドルがかかります。Apple Watch のエレクトロニクス部の部品コストは、すでに200ドルと計算されており、よって Apple Watch Edition 18金モデルは一台1000ドル以上かかります。

 

この結果から、 Greg Koenig 氏は、部品だけで一台1000ドルもする Edition 18金モデルが、5000ドル以下で販売される可能性を否定しました。「18金部分にかかるコストだけから考えても、販売価格5000ドル以上は妥当な設定」と話しています。

gold

 

Apple Watch はそれぞれ、Sport コレクション349ドルClassique コレクション 500ドル前後、そして Edition コレクションは4000 — 5000ドルの価格帯で展開しています。そして多くのアナリストは、 Edition コレクション が、アップル史上最も収益性の高い商品である、と批評しています。

 

アップルは、800000台の Edition コレクション をリリースに合わせて用意しているとのこと。これだけで、売上高は30億ドルです。

 

 

参照ソース:mac4ever

 

 

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.