iPhone 2015年2月18日

【動画あり】サムスン、LGの社長を器物損壊で提訴

102428539-LG_Samsung.530x298

韓国の2大、ハイテクブランドといえばLGとサムソンです。この2つのライバルがトラブルです。

LGの社長がサムスンに、同社の洗濯機をトレードショーの際に器物破損したということで訴えられたのです。

訴えられたのはLG電子の社長、趙成珍(チョ・ソンジン)で、2014年9月のベルリンのトレードショーのさいに、サムスンの高性能の洗濯機「クリスタルブルー」のドアを壊したとして防犯ビデオに写っていたとして器物破損、名誉毀損、業務妨害などの罪で訴えられました。

これに対し、LG側は社長はショーに訪れて製品の調査を行っていただけで決して壊すことが目的ではなかった。壊れてしまったのは、サムスン側の製品のメンテナンス不足であったと主張し、社長が壊したとされる時のビデオをYoutubeに公開しました。そのビデオがこちらです。

これに対しサムスン側は「ビデオは巧妙に編集されている」と主張しています。

「真実は訴訟中にわかります」とチョ・の代理人が述べています。

この韓国の2大企業は常に激しいライバル関係にあり、2013年には面と向かってどちらの冷蔵庫のほうが広く、野菜が沢山はいるかなどを競っています。最近では、サムスンが携帯市場などの売り上げでLGに水をあけています。

[発信元:cnbc.com/]




【広告・スポンサー】


Comments are closed.