iPhone 2015年2月17日

iPhoneの電池を持たせる 12のコツ

iP20150217_1

iPhoneの電池を長持ちさせるために、中国のスマホユーザが使っている方法12個がこちらです。

(1)画面を暗くする

スクリーン最下部の中央をスワイプしてください。明るさ調整モードが出てくるので、左側に調整し、暗くします。

(2)明るさの自動調整をオンにする

設定画面→壁紙/明るさ→自動調整をオンにします。緑色がオンの状態です。

(3)Bluetoothをオフにする

電池消耗量は大きくはないですが、省エネ目的であればオフにしておきましょう。(1)と同様の方法で、スクリーン下をスワイプし、中央の丸いボタンをオフにします。黒色がオフの状態です。

(4)4Gをオフにする

ただし、速度は遅くなります、

(5)容量の多いアプリを見てみる

iOS8にアップデートしていれば、自分のアプリがスマホの中で何割の容量を使っているか見ることができるので、アプリの整理に役立ちそうです。

iP20150217_2

(6)アプリの自動更新を停止する

電池消耗の中でも、アプリの自動更新はかなり大きな割合を占めます。自動更新の停止はアプリごとに選択が可能。

(7)通知センターの非表示

使用頻度の低いアプリの通知は表示されないようにしましょう。

(8)壁紙は静止画にする

ホーム画面に動く壁紙「ダイナミック」を使うと、電池消耗も激しくなります。

iP20150217_3

(9)GPS機能をオフにする

GPS機能はかなりの電池を消耗します

(10)プッシュ通知の停止

無駄なムッシュ通知を見直しましょう。

(11)自動ロックを1分にする

設定→一般→自動ロックの手順で、使っていない間に自動ロックする間隔を選べます。最短の1分に設定します。

iP20150217_4

(12)バッテリーカバーを買う

いろいろ試してダメなら、最終手段ですね。

 

参照元(中国)




【広告・スポンサー】


Comments are closed.