iPad · News · Others 2015年2月14日

【動画】iPad魔法のキーボード近い未来に現実か 

Screen-Shot-2015-02-13-at-2.21.36-am

iPadでタイプするときは、フラットなタイピングを現在もまだしています。

新しいタイプのタイピングは、以前からの粘着性のあるキーパッドに触覚的な感覚を簡単に加えることができます。スクリーンキーボードが表示されているときに使用できます。

触覚的なキーボードのタクトゥス・技術は、相当な年月がかかり技術を進化させた努力から製品となりました。アップル社は、タクトゥス・技術の使用感を伝えるため展示を試みようとしていました

未だに通常のキーボードを使用しているユーザーは、今回タクトゥス・技術がリリースしたこの新しい『Phorm』ケースによって、iPad miniで触覚的なキーボードを操作できるとしています。

ユーザーがキーボードの触覚的なボタンを使用すると、『マイクロ流体』という技術を用いて、開発者がキーボードのボタンをスクリーン上に特定の部分を立体表示にすることができました。

ケースの『Phorm』を使用することによって、その技術を含む、オールインワン・ケースで、キーボードとスクリーン・プロテクターの連動ができるように形作られました。

ここのスクリーン・プロテクターは、タクトゥス・技術がボタンを立体的に押し上げるために流体を押し通すために使っている表示です。今後、これらの技術は将来に、いろいろなメーカーからこの技術をすべての既存パネルに加工させることを望んでいるとされています。

今のところ、まだフラットなキーボードで入力することを問題視するのは少ないかもしれないですが、今後、数年の間にこのような技術がタブレットやスマートフォンの展示に技術を含んだデバイスを見かける日がくるでしょう。

フラットなキーよりも指に感覚が伝わる方が、よりパソコンのキーボードに近くなり目でキーの場所を確認する必要もなくなるかも知れないですね。

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.