iPhone6s 2015年2月10日

iPhone6S 画素数は現状維持か

原稿20150210_1

iPhoneの次期モデルiPhone6Sの背面カメラ画素数は、800万画素で据え置きとの情報が、台湾のアナリストJeff Pu氏から入りました。バージョンアップを期待していた身としてはとても残念ではあります。さらに、背面カメラレンズはやはり少し飛び出ている形状になるそうです。

原稿20150210_3

今回の情報通りであれば、iPhoneの画素数はiPhone4SからiPhone5、iPhone6までずっと800万画素、ということになります。現在は他社のミドルスペックでも800万~1,300万画素、ハイスペックでは1,600万~2,000万画素もあるスマホが登場するなかでは、800万画素は決して高くはありません。

原稿20150210_2

画素数が高まらないことは残念ですが、iPhone6Sにはツインカメラが搭載される可能性が高く、カメラ内の機能も増えるとのことで、やはり性能には期待することができそうです。今年の秋の発表が見込まれていますが、外観に大きな変化はないものの、CPUの高性能化は有力で、CPUが14nmになるだとうと見込まれています。

参照元(中国)




【広告・スポンサー】


Comments are closed.