iPad · News 2015年2月9日

KGIによるiPadの出荷台数の減少2015年最も顕著

apple_2014_ipad-600x300

外部からの調査であるKGI(重要目標達成指標)を示す新しいレポートでは、iPadの売上高がデバイスにおける歴史上で最も大きい低下を記録しています。今年2015年において、およそ30%減少すると予測しているとされています。

2014年と比較すると年間に渡ってその30%の下落は、アップル社が2015年の間に4千400万~4千500万の台数を販売するという予測をKGIは示しています。

KGIからの予測によるとiPadの売上高の減少は、すでに会社が今年の第一四半期と第二四半期に出荷を予測すると50%以上も減少しています。

具体的には、iPadが1010万台のiPadの売上高および2015年の第一四半期では52.7%の前四半期比780万台と表示されているといい、2015年の第二四半期では30から40%の低下をKGIから推測しているといいます。

休暇シーズンの間での単独で、最終の第四半期に販売されたアップル社のiPadは2千140万台でした。それらの数字を比較して見ると、2015年の今期は、減少するのだと分かります

いくつかの観点で、IT専門調査会社のIDCは今月始めに、アップル社が2014年に世界的なタブレット市場のトップに残っていると報告しました。

しかし、IDCのデータによれば、タブレット市場において、それは少しづつ主にAndroidの競合他社にシェアを奪われていくだろうとされています。

このように潜在的に下落しているタブレット市場がアップル・ウォッチャーの話題であったことは確かにはじめてではないとしています。しかし、アップル社のCEOのティム・クック氏は、前進する企業で新しいパートナーシップをIBMと結ぶことでiOSデバイスの採用を発達させる新しい成長の機会を与えている製品ラインを一貫して守りました。

iPadの売上高の低下の結果として、KGIはアップル社の仕入れ元の数社がiPadの売上高の急落によりスランプに陥ると予測しています。

iPadが必要な人へ行き渡った現れでしょうか。もしくは、他のデバイスに移っていっている数字かもしれないですね。

写真参照元

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.