iOS · Mac · News 2015年2月7日

【動画】MacApp画面タッチだけじゃなかった!

Screen-Shot-2015-02-06-at-3.04.12-am

Macアプリを利用することによって、ユーザーはデバイスをジェスチャーするように体を動かすとデバイスを動かすことができます

そのMacアプリの詳細とダウンロード・リンクは本文の最後にあります。

ジェスチャー認識機能は、マイクロソフト社のXboxで使うKinect(体を動かすことで楽しめるゲーム)として使われWindowsプラットホームで繰り返しゲームが登場して人気がでました。

しかし、その技術が驚くような成功とはなりませんでした。

Kinectと同様に、Macアプリの「 ControlAir」は、最新のMacに内蔵されたiSightカメラを利用することによって、より便利な発想へと近づいていったとされます。

例えば、ユーザーがMacから少し離れていたり、テレビで映画を見るためにMacBookとテレビが接続されていたりするとき、非常に役立つ特徴のアプリです。いろいろなアプリで関連付けされた行動を行うことで、多数のジェスチャーを瞬時にデバイスは推測することができます。

それでは、どのようにMacが反応するか動画で見てみましょう

ControlAirは、Macに内蔵されているiSightカメラを使ってユーザーの指が動く指示を捜しています

例えば、ユーザーが指を唇まで持っていき無言の命令を起こすことによってMacはミュート(静止音)となります。

他の指示では、ボリューム、再生/休止機能、スキッピングと巻戻しや早送りをする指示が出せます。そして、ユーザーはこれらの機能を使って遠くからMacを完全にコントロールできます。本当にかなり直観的な指示ができます。

ControlAirはOS X 10.9で作動するとされています。MacBook Air、MacBook ProとiMacで機能します

eyeSight(自動車、衝突防止システム)は画面タッチが不要のインターフェースに類似しています。言われてみると、ゲームの技術が実用化されたパターンですね。技術の進化は、物事を便利にすることだけに利用したいものですね。

Mac App Store:OS X用「ControlAir」アプリインストール


参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.