iPhone 2015年2月7日

Appleが独自の検索エンジンを開発か?「Apple Search」とは?

apple (1)

先日、Appleの公式HPに、求人広告がでました。その求人の職種は「”アップル・サーチ”エンジニア・プロジェクト・マネージャー」というもの。

”アップル・サーチ(Apple Search)”という名前が付いていることから、Appleが新しくサーチ・エンジン・ビジネスに参入するのではないかと言った憶測が流れています。

この情報がニュースとして出回ったのはウェブサイト”Cult of Mac”が最初で、その仕事の雇用者は、サンフランシスコをベースに活動するというものです。

プログラム・マネージャーとして“数億人のユーザーが使用するサーチプラットフォームを作る”ことをサポートするのが仕事だと記載があります。

その他には”コンピューターと携帯端末の使用において革命をもたらす”などとも書かれています。

Appleが本当にサーチエンジンに興味があるのであれば、乗り出すのが少々遅かったのではないでしょうか?

とは言ってもAppleのエントリーが遅くなるのはいつものことで、それがAppleの戦略だとも言われ、実際に過去にはその戦法で成果を収めています。

販売間近といわれるApple Watchも、2014年の予定が2015年位延期され、その間までに同業者がぞくぞくと「ウエラブル・ウォッチ」を販売しています。

この求人のプロジェクトは5月から始まる見通しですが、ウェブブラウザのSafariでのAppleとGoogleの契約は2015年には切れるもようです。

もしAppleが本当にサーチエンジンの開発を行うのであれば、ライバルGoogleにとってはただ事ではないでしょう。

(発信元:techtimes.com)

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.