News · Others · Rumors 2015年2月1日

新Galaxy S6の大きさはS5と類似している様子

galaxy-s6-spigen-case

サムスン社のGalaxy S6スマートフォンは、新しいデザインとGalaxy Sより改善された品質を特徴としています。

韓国の会社であるサムスン社がまだ携帯電話を公式に発表していない間、サムスン社は新しいデザインの方向性として「革新的」といわれる最高のデバイスに近づいていました。そして、最近の第四半期の収益でうかがえるように将来の携帯電話器に新しい材料を使っているとされる報告があったとしています。

サムスン社はGalaxy S6の画像を少しも発表していません。しかし、デバイスに使用するアクセサリーのメーカーは明らかに見抜いている様子です。

デバイス・メディア・ニュースサイトのDroid-life社が報告するには、オンラインストアーのSpigen社がアマゾンでGalaxy S6ケースをすでに掲載したとしています。サムスン社がGalaxy S5と比較して異なっている点はデバイスの後部にカメラと心拍数センサーをGalaxy S6は搭載していることを示すようなイメージを保有しているケースのデザインとなっています。

Spigen社が他のいろいろなAndroidデバイスにおいて特定のデザイン要素が過去に掲載された出版物もあります。そして、掲載されたデザインは公式発表よりずっと前にそのケースでおおよそのデバイスイメージが分かるものでした。

一方、フランスのメディアサイトNowhereelse社はもう一つのアクセサリーのメーカーからGalaxy S6の概略図を受け取りました。そして、その概略図はデバイスの後部の上にカメラとセンサーが配置されているのを図から確認できます。
同社もまた、正確な携帯電話器の測定を提供しています。

画像によるとGalaxy S6は、143.52×70.70×7.19mmの大きさです。
Galaxy S5と比較すると、概略図が正確であるならば、Galaxy S5は142×72.5×8.1mmの大きさなのでGalaxy S5とかなり類似していることになります。

一方、ケースの設計において、Galaxy S6のスピーカーが底の部分ではなく裏面に配置されえていることを示していると思われます。

デバイスのアクセサリーを作るうえでは、本体の詳しい情報が必要ですね。その情報を元に公式発表されていないGalaxy S6について概要は分かるのはユーザーにとって嬉しいニュースです。

画像参照元

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.