iPhone 2015年1月31日

Tim Cook 氏の大胆推算 『 iPhone 購入者の85%は Android から!』

Tim Cook2

今や世界中で言わずと知れた、iPhone 6/iPhone 6 Plus の大成功。この iPhone 新モデルの快進撃は、スマートフォン市場における iPhone シェア率の上昇に、大きな功を奏しました。先日は、『2014年第四四半期に、7400万台の iPhone を販売』、と公式発表が出されました。記録的数字です。

実は Tim Cook 氏は、 iPhone 6/iPhone 6 Plus リリース前から、この新モデルは世界を魅了する、と強く信じ公式の場でも確言しておりました。そして昨日の Wall Street Journal とのインタビューでも、その思いを再明言しました。

 

同インタビューで Tim Cook 氏は、85%の iPhone 6/iPhone 6 Plus 購入者は、基本的に Android から乗り換えてきた』と応えています。この85%内のほんの一部は、Windows Phone と BlackBerry からの乗り換え、と付け加えています。つまり、2014年第四四半期の、 iPhone 6/iPhone 6 Plus の購入者の15%が、既に iPhone を持っていた、ということになります。

Tim Cook

 

世界の市場をとりこにした2014年の iPhone 新モデル。その勝因はその大きな液晶画面にある、と言えるでしょう(4インチだった iPhone 5s から、それぞれ 4,7インチ、5,5インチへ拡大)。今後の iPhone の進化、そして競合達の巻き返し。スマホ市場は、2015年も熱くなりそうです。

 

 

参照ソース:iPhoneAddict

 

 




【広告・スポンサー】


Comments are closed.