iPhone · News 2015年1月30日

歴代iPhoneのスピーカーの音量対決。意外な結果に。

20150129033253358

凛々「最近の携帯はスピーカも凝ってるから追加で音楽用のプレーヤとかも買わなくていいかなって思うのよ。」

蔵人「そうだよね。iPhoneの音質も一番優れてるというわけではないけど、悪い音質ではないよね。ところで凛々、iPhoneの音量を比べたことはあるかな?」

凛々「したことないけど、やっぱり新しいiPhoneのほうが音量大きいんでしょ?」

蔵人「いや、必ずしも世代順に大きくなってるわけではないんだ。ある人が歴代のiPhoneの音量を調査した結果を公表してるんだけど。ちょっと見てみて。」

• iPhone2G: 94.3 dBA

  • iPhone3G: 98.6 dBA

  • iPhone3GS: 103.6 dBA

  • iPhone4: 92.9 dBA

  • iPhone4S: 101.1 dBA

  • iPhone5: 104.0 dBA

  • iPhone5c: 102.0 dBA

  • iPhone5s: 103.6 dBA

  • iPhone6: 105.4 dBA

  • iPhone6+: 105.0 dBA

蔵人「この結果からわかるように第一世代が一番音量が小さいわけでなくて、実際は第四世代なんだ。そしてiPhone6(アイフォン6)はiPhone6Plusより音量が少し大きいみたいだね。でもこの結果は決して音質の良し悪しを表してるわけではないからね。」

凛々「ということはiPhone4の音質が一代目よりも悪いとは言えないということか。」
20150129023014134

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.