iOS · iPad · Mac · Others 2015年1月24日

12インチMacBook Airと12インチiPadあなたならどっち

apple-store-logo-sign-2

一部の猛烈なアップル・ファンは、12インチのRetina画面(ピクセル密度が非常に高い光の映り込みを防ぐ画面) MacBook Air12インチのiPad ProiPadAir Plusを含む3つの製品が今年の後半に販売開始されると思われている噂の中で注目されていて、どの製品がどういいのかについて興味をもたれているともいわれています。

製品作りに試行錯誤をしていたにもかかわらずアップル社は、iOSタブレットとOS Xラップトップで同じ超小型軽量の内蔵と最高のデバイスに使用するSurfaceを使用しユーザーに2つの世界観を与えています。これら2台のデバイスは異なる買い手を対象としている別々の製品であるようにも見えます。

それでも同時に12インチMacBook Airと12インチiPadは、今年後半に両方のデバイスがお互い競合することになるでしょう。

そして買い手にとっては、これらの2台のデバイスのうちどちらを選択すれば理想なのかを決める時間が刻々と迫っているのかもしれません。

逆説的ですが12インチのMacBook Airはプロ仕様に必ずしも興味を持っているというわけではないユーザーを対象とし、簡単にタブレットとして使えるユーザーを対象としているかもしれません。

12インチiPadについて

12インチiPadは、特定の仕事関連の仕事のためにデスクトップ級のアプリとキーボードを探しているかもしれない企業顧客を明らかに対象としています。

iPadに生産性を改善する特別なiOS 9の機能と結合されるスクリーンサイズの増加で12インチiPadは現在のすでにあるiPadのどれよりもさらに強力なツールに変えることができました

12インチMacBook Airについて

12インチMacBook Airはそのノートをさらに持ち歩けるようにして、サイズと重さに関してはタブレット領域に入れる程のデザイン変身を提供すると思われます。

レポートによると、12インチMacBook Airはすべての差し込み口を付けないとされていますが、信頼性を保つため唯一USB Type-Cポートヘッドフォン・ジャックに関してアップル社は毎日使用しているコンピューター・ユーザーにアピールするためにこのデバイスへ特に毎日使用するデスクトップパソコンからジャックを未だ使用している人のために差し込み口を付けるようです。

もし、差し込み口が全てなくなればデバイスが信じられないほど軽くなることを意味しています。そして、それらは仕事関連の旅行のためのお供として完璧な軽いPCとなりえます。

MacBook Airがファン冷却を必要としないさらに効率的なプロセッサーを詰め込むとされ、バッテリー寿命も最強になる可能性を提供することはありえそうです。

そして、MagSafeポートがMacBook Airにないことさえもはや心配にならないとしています。

実際に望むことは、外出中にバッテリーチャージャをすることを忘れるくらいであってほしいということです。

価格について

iPad Air 16GB WiFi : 約5万8千円

MacBook Air 11.6インチ:約10万6千円

12インチiPadが9.7インチのバージョンより高価であること、そして、12インチMacBook Airが11.6インチのベース版より高価でなければならないことに変わりはないようです。

しかし、結局迷って両方のデバイスを買ってしまうことは避けたいですね。

写真参照元

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.