Mac · News · Rumors 2015年1月24日

12インチMacBook Airの一部が明らかにRetina画面搭載か

MacBook-Air-lid-main

報告されれている12インチのMacBook Airの噂は、市場に広まっています。そして、昔から言われているように「火のない所に煙は立たぬ」という格言があるように写真に写っているデバイスの存在が外見からみてノート型パソコンに付けられるスクリーンであるかに見えます

中国のサイトiFanrからこの写真が流出していて、正式にまだ発表されていないMacBook Airの組み立てられる前の新しいスクリーンが写真に写っています。

初めのころの噂はアップル社の供給元である台湾のコンピューター会社Quanta Computer社がデバイスのため画面の生産量を増やし始めたので、この写真はタイムリーにタイムラインへ表示された様子です。

この写真が本当か定かでない間、現状のMacBook Airと比較されたとき、写真は面白い程注目されています。

はじめに注目すべきは、現状のMacBook Airでスクリーンを覆っている灰色の角が取れた面は、現在のMacBook Proのラインアップで見れるように端から端へガラスが取りつけられています

この変化がMacBook Airの他のユーザーに知られてくるかどうかにかかわらず、MacBook Airのラインナップとは違う様子です。

つまり、この写真は新しく製作しているMacBook Proに見えるということです。

また、この写真を見て注意する価値がある点は、アップル社がよくデザインするようにノートブックのスクリーンの裏へ目立つような噛まれたリンゴの果物のロゴを入れているように見えるという事実です。

ユーザーがiPadで見てわかるように、磨かれた黒いリンゴのロゴはまだ発表されてない製品のスクリーンの後部を飾っています。

この写真は、ふた自体のサイズと厚さによってロゴが入れられたと考えられます。

11インチのMacBook Airをもっているユーザーが言うように、たとえその画面表示がとても薄いという特徴があるにせよ、ユーザーのMacBook Airが日光に当たるとき、スクリーン上でアップル社のロゴを見ることはあまり良いものではないです。

アップル社は、新しいもの作りである挑戦の1つとして可能な限り画期的なRetinaディスプレイ(ピクセル密度が非常に高い光の映り込みを防ぐ画面)を12インチのMacBook Airに取り組んでいました

今回取り上げられたハードウェアの写真を含み、新しい何かが発表されるポイントとなりえるでしょう。

12インチのMacBook Airの情報が少しづつ出てきています。今後も注目したいApple製品の1つですね。

参照元




【広告・スポンサー】


Comments are closed.